■ GREEN Cloud Concierge Counter(GCCC)サービス概要

「GREEN Cloud Concierge Counter(GCCC)」はグローバルにビジネスを展開する製造業に求められる「環境マネジメント課題」をサプライチェーンを通じて総合的に環境課題や製品情報の管理・交換課題を支援する会員制のインターネット(クラウド)ポータルサービスです。
特に製造業にとって大きな環境課題である製品含有化学物質管理では、欧州連合における人の健康や環境の保護の為の法律であるREACH規制(Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals)やRoHS指令(Restriction of Hazardous Substances)のコンプライアンスを守る為にサプライチェーンを通じた含有化学物質の種類や量の把握、又、それらデータの企業間での交換業務は必須になります。 さらに、Co2/GHG(温室効果ガス)、紛争鉱物、環境汚染等のCSR課題についても、このサプライチェーンにおけるネットワークインフラを駆使する事によって様々な情報交換や管理が実現可能になります。 このGCCCサイトでは各種業界標準手法を効果的に活用したITソリューションをはじめ、コンサルテーション、トレーニング、サポートを含め、総合的にサプライチェーンのあらゆる階層の製造業の皆様に、「環境マネジメント」と「サプライマネジメント」の構築支援サービスをご提供致します。
環境マネジメント構築が求められる グローバルサプライチェーン
サプライチェーンの全階層の企業の皆様へGCCCサービスを提供します。
GCCCメンバー年会費 1,000元/年額
※日中為替レートの関係上、実際のお振込金額は若干の変動があります。
「製品含有化学物質管理」における「サプライヤ企業」が対応すべき4つのMUST(GREEN eBASE)と第三者の監査(SGS)
(1)自社製品を構成するサプライヤ企業からの材料/部品含有化学物質情報データ収集業務
(2)製品に含まれる化学物質の種類と量の把握(積算)と管理をするためのデータベース構築
(3)バイヤ企業への適切な製品含有化学物質情報の提供業務(各種フォーマット対応)
(4)RoHS等における分析データ等のエビデンス管理と提出業務
(5)収集/提供等の業務プロセスの進捗管理を行う事でよりレベルの高い管理体制(オプション)
(6)上記(1)~(4)までの業務/情報システムのマネジメント体制と運用状況の第三者監査(Audit)
「製品含有化学物質管理体制構築」におけるサプライヤ企業の課題
GCCC会員メンバーへのソリューション内容
※GCCCサイトはeBASE株式会社が運営しております。
このページの先頭へ