「GREEN Cloud Concierge Counter(GCCC)」とは

「GREEN Cloud Concierge Counter(GCCC)」はグローバルにビジネスを展開する製造業に求められる
「環境マネジメント課題」をサプライチェーンを通じて総合的に環境課題や製品情報の管理・交換課題を
支援する会員制のインターネット(クラウド)ポータルサービスです。

GCCCのサービス詳細はこちら

調剤・化学業界様向けのご案内

GCCC/ケミカル会員【12,000円/年】

MSDS/MSDSplus/GHSソリューション

サプライヤから直接データ収集が可能なしくみで、原料・組成情報を視覚的に
管理することができ、MSDS、MSDSplus、GHS情報を出力することができます。
GHS分類作業や製品に該当する法規制のチェック等MSDSに関わるシステムと有機的に連携することもできます。

MSDS/MSDSplus/GHSソリューションの詳細はこちら

OR2ISセンター

REACHコンプライアンス達成のために必要な情報交換には、対時する問題として、
事業上の秘密情報(CBI)である事業者情報、事業数量情報、調剤の成分・組成情報の開示が懸念されている。
CBI保護を実現しながら、REACHコンプライアンス達成できる暗号・復号化サービスがOR2ISセンターです。

OR2ISセンターの詳細はこちら

OR2ISプロジェクト参加企業一覧

  • 三井化学株式会社
  • 三菱化学株式会社
  • 住友化学株式会社
  • 花王株式会社
  • 日本化薬株式会社
  • DIC株式会社
  • 日本電気株式会社
  • 日立電線株式会社
  • 長瀬産業株式会社
  • 豊田通商株式会社
  • 丸紅株式会社
  • 双日株式会社
  • CBC株式会社
  • キヤノン株式会社
  • コニカミノルタビジネスエキスパート株式会社
  • ハーランラボラトリーズ株式会社
  • 一般社団法人日本化学工業協会

部品・製品メーカー様のご案内

GCCC/アーティクル会員【15,000円/年】

製品含有化学物質管理システム

「製品含有化学物質管理」における「サプライヤ企業」が対応すべき「4つのMUST業務」を実現する情報システムとして「GREEN eBASE」は最適です。(1)サプライヤ企業から部品/材料の含有化学物質情報を完全無償ソフトの「eBASEjr.」により収集し、(2)データベースによる管理機能や製品BOM(部品表)と連動し含有化学物質の積算機能による化学物質の「量の把握」を実現します。さらに(3)バイヤー企業が求める様々な提供フォーマット(AIS、MSDSplus、JGPSSI、JAMA等)に対応した形式で提出管理も可能です。又、(4)バイヤー企業が求める分析データ等のエビデンス(ドキュメント)データも一括管理する事が可能です。「GREEN eBASE」はグリーン調達(製品含有化学物質管理)業務に求められる4つのMUSTをトータルにカバーする「情報システム」です。

製品含有化学物質管理システムの詳細はこちら

2011年11月11日(火)
黒田電気株式会社専用ページを公開しました。
2011年10月24日(月)
シャープ株式会社(日本拠点)専用ページを公開しました。
2011年10月11日(火)
GCCCサイトをリニューアルオープンしました。
このページの先頭へ